みなさんは、「エクオール」という、サプリメントを知っていますか?エクオールとは、大豆イソフラボンを摂取したときに作られる成分のことで、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。最近注目の成分で、更年期障害に効果があると言われています。

女性ホルモンとエストロゲンの働き

では、女性ホルモンが減少すると、体にはどんな症状がでるのでしょうか?

まず、はだのハリや弾力が低下して、実年齢より老けてみえたり、シワ、シミ、くすみ、ニキビなどの肌トラブルがおきたりします。髪の毛のつややうるおいもなくなります。また、心の方の問題も出てきます。心が、不安定になって、うつっぽくなったり、イライラしたりします。また、動脈硬化や高血圧、また、アルツハイマーのリスクが高くなると言われています。
バストが垂れたり、体がむくんだり、代謝が下がって太りやすくなるという、女性には嫌なことばかりなのです。

食事の面でも、好き嫌いの多い食事をしているとストレスをたくさん受けて、ホルモンのバランスが乱れるのです。そこで、登場するのがエストロゲンの分泌を、そくす効果のある「エクオール」なのです。体内の、エクオールを増やすと、女性ホルモンの現象によっておこる色々な症状を、予防、改善できるのです。では、どうやったら、よりエクオールを多く摂取することができるのでしょう。大豆イソフラボンから、エクオールを作るには、腸内細菌が必要です。しかし、エクオール生成に必要な腸内細菌を持っている日本人は全体の50%~60%なので、やはり、体内に摂取することはなかなか難しいことなのです。

エクオールと大豆イソフラボンの違い

エクオールと、大豆イソフラボンの違いをここで、考えてみましょう。なかには、エクオールが含まれていない大豆イソフラボンもあるので、エクオールは、直接とったほうが良いという結論になります。また、体内に吸収するのも、エクオールを直接摂取したほうが、効果があるのです。

しかし、それだけ、体にいいものなら気になるのは、価格ですよね?やはり、高価なのでは?と思う方がいてもおかしくはないはずです。しかし、これだけ、体の調子を整えてくれるにも関わらず、1日200円以下で、飲むことができるんです。やはり、あまり高価なものだと、いくら効果があっても、続きませんよね?これは、一番メリットですよね。
たとえば、大豆イソフラボンの多く含まれている、100円の豆乳を1日2本飲むとすると、毎月6000円はかかります。そう考えると、かなりお得な感じがしませんか?しかも、女性に大切な、女性ホルモンの調子をととのえてくれるのですから。

まとめ

このように、エクオールという成分は、女性にとってはかかせない、大事な成分ということがわかっていただけたでしょうか?女性特有の、更年期障害というのは、さまざまな症状により非常につらいものなので、それが軽減することは、日々の生活に、はりとうるおいをあたえてくれることでしょう。
みなさんも、ぜひ、この、「エクオール」を飲んですこやかな毎日を過ごしましょう。