[エクオールとは]
エクオールとは、豆腐や納豆などの大豆製品に含まれている、大豆イソフラボンが美容や健康に良いと言われております。ただ大豆製品を食べただけでは、効果は弱いのです。大豆製品を食べる事で腸内にいる、エクオール産生菌と言われる腸内細菌が働くことで、エクオールに変わります。エクオールは女性ホルモンのエストロゲンとにた働きをしています。女性ホルモンは年齢と共に減少し、40代半ばから急激に減少します。エクオールは、女性ホルモンが減少して生じる様々な症状を改善する効果が期待されているのです。

「エクオールに期待されている効果」
更年期症状の軽減。
肌のシワの予防。
骨を強くする。
乳ガンのリスクを下げる。
男性では前立腺がん、脱毛の抑制。などがあげられます。

「更年期になるとあらわれやすい症状」
不眠、イライラ感、疲労感、物忘れ、集中力の低下、気分のおちこみ、のぼせ、ほてり、肩こり、発汗、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、むくみ、しびれ、手足の痛み、関節痛、筋肉痛、腟炎、頻尿などの他にもまだ症状はありますが、これらの症状があらわれやすいです。

「更年期症状の軽減効果」
更年期障害の症状は、エクオールを摂取し続けた人と、摂取しない人を比べると、摂取していた人の方が軽減しているという結果が出ているそうです。

「女性ホルモンのエストロゲン」
女性ホルモンのエストロゲンは、更年期障害をやわらげる効果や、骨粗鬆症の予防に骨を強くする効果などにも期待されているのです。女性ホルモンが減少しますと、骨も減ってしまうのです。エクオールを摂取していた人はは骨密度が増えたという結果が出ています。

「肌のシワの予防効果」
体の酸化を防ぐため、肌のしみ、シワの改善や美肌効果があります。女性ホルモンには肌の水分を保ちコラーゲンを作る働きがあるので、シワの深さが浅くなるなど、シワなどに効果があります。

「乳ガンのリスクを下げる効果」
乳房にある乳管は、エストロゲンの影響を受けやすいので、エストロゲンが乳ガンのリスクに関わっていると言われております。エクオールは過剰なエストロゲンの働きを抑える抗エストロゲン作用があるため、乳ガンのリスクを下げる効果があります。

「男性では前立腺がん、脱毛の抑制効果」
前立腺がんや脱毛症状は、男性ホルモンのアンドロゲンによって引き起こされるものです。エクオールはアンドロゲンを抑制する、抗アンドロゲン作用があるため、予防効果があるとされております。

「エクオールは日々の生活から」
エクオール産生菌を腸内にいても、大豆製品を食べない、不規則な食生活の為、腸内環境の乱れなどの理由から、エクオールを作れない人も多くいます。まずは、大豆製品を食べて、食生活の改善のため、乳酸菌を含む食品を摂取し、腸内環境を整える為に食物線維も摂取するようにしましょう。

「エクオールの摂取方法」
食事などの大豆製品で摂取する方法です。納豆、味噌、豆腐などの大豆製品を口にすることで無理なく摂取することができます。この方法は、エクオールを体内で作れる人しか効果がないのです。エクオールを体内で作れない人は、サプリメントから摂取できます。今までは大豆イソフラボン含むサプリメントしかありませんでしたが、最近はエクオールを含むサプリメントがあるのです。更年期障害予防効果は、女性ホルモンであるエストロゲンの働きをする、エクオールの摂取が必要であるといえるでしょう。