更年期障害に一番良く効くエクオールサプリってどれなの?そんな疑問にズバリとお答えしています。

エクオールは「NHKスペシャル」、「その原因Xにあり!」、「世界ふしぎ発見」、NHK BS「美と若さの新常識」で特集されました。

エクオールサプリはどれも同じと思っていませんか?購入前に口コミ・効果・副作用は要チェックですよ!

女医

  • 誰にも会いたくない、やる気が起きない
  • 物や人に当たることが多くなった
  • 気分が沈みやすくなった

そんな女性特有の「ゆらぎ」を抱える方々へ、おすすめなのがエクオール。

どうせエクオールサプリを飲むのなら、少し高くても効果があるものにしたいですよね!こちらでは良く効くエクオールサプリをご紹介しています。

 

本気で更年期障害を克服したいと思っている女性は必見です。

 

本気で更年期障害を克服したい貴女のために必要な情報をすべて書きました。ちょっと長くなってしまいましたが、最後までご覧になっていただけると嬉しいです。

 

悩むくらいなら更年期障害に効くサプリメントでまずは対策しましょう!

まず最初に貴女にお伝えしたいことがあります。

それは今現在、更年期障害を気にしていたり、自覚があるのであhれば、今すぐにエクオールを飲むべきということです。

サプリメントの服用は生活習慣と言っても良いくらいに気軽にできますし、無理なく続けられます。

効果的なエクオールサプリを日常生活に導入できれば、高い効果を期待できます。

ですが注意していただきたいのは、エクオールサプリは何も考えずに選ぶと失敗するということです。なぜなら世の中には全然効かないエクオールサプリが多いからです。

コンビニやドラッグストアで売っているエクオールサプリは、正直なところ効果はいまいちです。

 

更年期障害に効くエクオールサプリを選ぶ3つのポイント

更年期障害は、女性ホルモンの減少が原因です。エクオールサプリを選ぶときに抑えておきたい3つのポイントについてお伝えします。

ポイント1:エクオールが10mg入っている

更年期障害に効果が期待できるエクオールの目安は、1日10mg以上の摂取です。

 

ポイント2:エクオールを助ける成分が入っている

「ラクトビオン酸」など、エクオールの働きを助ける成分が入っていると、より効果が高まります。

 

ポイント3:安全性が高いこと

製造元がしっかりしているかどうかを確認しましょう。

 

エクオールサプリを徹底比較

 

エクオール+ラクトビオン酸 エクエル ノムダス
総合評価 効果テキメン 効果テキメン 効果あり
配合量 効果テキメン 効果テキメン 効果そこそこ
補助成分 効果テキメン 効果そこそこ 効果そこそこ
製造元 効果テキメン 効果テキメン 効果テキメン
その他 効果テキメン 効果あり 効果あり
漢方系のエクオールなので副作用の心配なし。
購入者の満足度95%のサプリです。

 

エクオールサプリランキング

1位:エクオール+ラクトビオン酸

エクオール研究の専門医と共同開発した高品質サプリメントになります。

大人の女性のゆらぎ期の裏には女性ホルモン減少の影響が大きく関わっています。
大豆生まれのエクオールは女性ホルモンに似た働きをするため、 減少していく女性ホルモンをカバーすることができます。

実は日本人の2人に1人が体内でエクオールを産生できないのですが 本サプリは体質に関わらず直接エクオールそのものを摂取することができます。

さらにラクトビオン酸を配合することでエクオールの 生産力とカルシウムの吸収を高めています。

エクオールはエストロゲン様作用、抗エストロゲン作用と抗酸化作用の効果があり、 特に更年期女性の不調を和らげることも期待できます。

エクオール+ラクトビオン酸はこちら

2位:エクエル

大塚製薬のエクオールサプリメント。エクエルは、健康をテーマに大豆の研究を重ねてきた大塚製薬が、大豆を乳酸菌で醗酵させて作ったエクオール供給食品です。

ゆらぎがちな時期を過ごす40代以降の女性の健康と美容に。

ゆらぎ世代の女性に広く指示されているサプリメントです。

エクエルの口コミ

日本人女性の半分は「エクオール」を体内で作れないと知り、エクエルを初める事にしました。毎日3錠ずつ飲んだ所、動悸が改善して、お肌の調子もよくなりました。症状が落ち着いてきたのでエクエルを1日2錠にしましたが、いい感じです。粒が少し大きいのを除けば、大満足です!

生理周期が不調になってきたので飲み始めたところ、1週間ほどで肌質がしっとりしてきました。減ってきていた女性ホルモンが回復してきたみたいです。値段がもう少し安ければ続けやすいのですが…。

 

3位:ノムダス

年齢とともに『スカスカ・・・』となってしまった女性ホルモンをエクオールで『ピーン』と補うノムダス。

自然由来でしっかり実感できる、今大注目のエクオールサプリメントです。

赤ちゃんから発見された『エクオール産生菌』を配合し、より安全にエクオールを摂取できるように、業界初の『体内エクオール産生』を実現しました。

さらに女性に嬉しい和漢植物と1兆1000億の乳酸菌を配合しており
お悩みの女性をしっかりサポートします!

▼このような方に▼

  • 更年期障害による不調に悩まれている方
  • 若見えホルモンで若々しくありたい方
  • 美容と健康に関心がある方
  • PMS(月経前症候群)月のリズムで悩まれている方

さらにノムダスは他社のエクオールよりも初回価格が安価で送料無料。
定期の縛りがない為、エクオールが初めてのお客様にとっても気軽に始められます。

エクオールサプリ「ノムダス」はこちら
年齢を重ねると、女性ホルモンの減少により「更年期障害」に悩まされる人も増えてくると思います。そんな方々に嬉しいニュースとして、近年「エクオール」という成分が注目を集めています。しかしまだ聞き慣れない言葉という方もおられるかもしれません。そこでエクオールについて調べてみました。

<エクオールサプリの選び方>
一日の摂取量の目安としては10mgとされているので、それ以上取れる物が良いです。そして、折角サプリを摂取するのならば、より効果の高い物が良いですよね。「ラクトビオン酸」という成分が配合されたものを選んでください。この成分はエクオールの吸収を助けてくれます。また、GMP認定工場で製造されたものが安全性も高くなり安心です。因みにお薬ではないので副作用の心配なども無いようです。ただし過剰摂取は身体に悪影響を与えることもあるため、用法用量は守るようにしてください。大豆食品が食べられるのであれば、ともすれば過剰摂取にもなりかねないのでご注意ください。エクオールは大豆由来のものなので大豆アレルギーの方は要注意です。

健康のために納豆などの大豆製品を毎日食べることが推奨されていますが、それらも規則正しい生活があってこそ効果を発揮します。しかし、更年期などでそれがままならないという悪循環に陥ることもあるでしょう。その場合、とりあえずサプリからでも良いので、この「エクオール」を一度試してみては如何でしょうか。

注目の成分「エクオール」その成分と効率の良い摂り方とは?

エクオールとは大豆などに含まれるイソフラボンの一種で、ダイゼインというものがあり、それが腸内菌と反応して代謝される成分のことを指します。因みに「エクオール」という名前は、初めて採取された馬の名前に由来しています。その後多くの動物から発見され、当然人間にも存在しますが、半数から70%近い人は精製する腸内菌を持たないとされています。イソフラボンの成分は元々女性ホルモンに似ているとされ、その吸収を助けるのがエクオールとなります。一部エストロゲンはステロイドですが、非ステロイド性エストロゲンのため安心です。
ダイゼインをエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内菌がいるかどうかが重要だということがわかりました。エクオールの生成に必要な腸内菌を維持するには、大豆製品や野菜・海藻などを食べないといけません。これまで10種類程度のエクオール産生菌が発見されています。

エクオールの摂取

大豆イソフラボンに由来する成分なので、大豆製品を食べるのがお勧めの摂取方法です。納豆やみそ汁、お豆腐など製品も豊富ですし、取り入れやすいと思います。豆乳などは美容にも良いとされているので女性にとっては一石二鳥の効果も期待できるかもしれません。また大豆イソフラボンは、食べてから1~2日ほどで尿から排泄されてしまうので、一度にたくさんの量を食べてもその効果は持続されません。適量を毎日コツコツ食べ続けることが大事ということですね。
しかし、問題が一つあります。それは上記のように、一部の人しかイソフラボンをエクオールに変換できないことです。その場合は直接摂取するしか方法はありません。古くから豆や海藻を食べてきた日本人は約50~60%の人がエクオール産生菌があると言われていますが、近年の食の欧米化により、若い人だとその確率は欧米のそれに近付いており、より積極的に取りたいのならばサプリの頼るのがベストでしょう。

エクオールで更年期障害を緩和しよう

エクオールとは、女性ホルモンに似た働きをする成分で、更年期障害で悩んでいる方から大変な注目を集めています。
女性ホルモンに似た働きをする成分として大豆イソフラボンがありますが、この大豆イソフラボンが腸で効率よく吸収されるとエクオールとなり、このエクオールが女性ホルモンに似た働きをします。

大豆イソフラボンを摂取するよりもエクオールを摂取した方がが、ダイレクトに更年期障害を緩和してくれるといえます。
ただ、エクオールを体内で作り出せる方と、作り出せない方がいます。
大豆を食べて大豆イソフラボンを摂取すると、その大豆イソフラボンからエクオールが作り出されるのですが、残念ながら作り出せない方がいるのです。
体内でエクオールを作り出せるかどうかは、腸内にエクオール産生菌がいるかどうかが深くかかわっています。
この菌が腸内に棲んでいる方は大豆イソフラボンからエクオールを作り出すことができますが、この菌が腸内に棲んでいない方は体内でエクオールを作ることができません。

エクオールを体内で作り出せない方は、サプリメントで補う必要があります。
エクオールが自分の体内で作られているのか、それとも作られていないのか、知っている人はいません。
体内を開けてみない限り、分かることではないのです。

更年期障害で悩んでいる方は、エクオールが作り出せているかそうではないかに関わらず、サプリメントで摂取することをお勧めします。
エクオールのサプリメントは、現在、様々な企業が取り扱っています。
エクオールだけでなく、他の有効成分も配合されているサプリメントも登場しています。

自分に合ったサプリメントを選んで摂取するようにしてください。
価格比較も重要になります。
サプリメントはたったの1回飲んだからといって、効果が実感できるものではありません。
ある程度の期間飲み続けることが大切です。

ある程度の期間飲み続けるには、飲み続けられるだけの費用が必要になります。
どんなに有効成分がたっぷりと配合されているからといって、あまりにも高額なサプリメントでは、毎日飲み続けることが難しくなってしまいます。

サプリメントは配合されている成分を比較するだけでなく、費用もしっかりと比較して、自分に合ったものを見つけることが重要です。

安心できる企業のサプリメントを選んで摂取するようにしてください。
サプリメントは体内に入れるものですから、安全、安心できるものを選びましょう。

女性は必ず、更年期を迎えます。
更年期に現れる症状は人によって異なりますが、大変重い症状で悩む方は大勢います。
のぼせ、発汗、肩こり、イライラなど、毎日のようにこのような症状が繰り返されていたら、気分が沈んでしまいまいます。
更年期障害が原因で、日々の生活が辛いと感じ、鬱を発症する方もいるほどです。
更年期障害で悩んだら、ぜひ、エクオールを始め、有効とされる成分を試してください。
有効成分が上手く作用すれば、辛い症状が緩和され、毎日が楽になります。

 

エクオール産生菌によって変化するイソフラボンとの効果の違いとは?

女性ホルモンであるエストロゲンと似通っていることから、更年期症状の緩和や骨密度に密接な関係を持つと言われている「イソフラボン」
大豆に含まれているこのイソフラボンは、健康を維持するために近年注目を集めていましたよね。
実はこのイソフラボン、体内に取り込まれると「エクオール」と呼ばれる成分によって吸収される方とそうでない方がいることが分かっています。
その方達や効果はどのような違いがあるのでしょうか。

 

【エクオールとは?】

エクオールとは、大豆イソフラボンの一種である「ダイゼイン」を摂取した際に、
腸内のエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が変換してくれていることが分かっています。
このエクオールはダイゼインよりも遥かに高いエストロゲン活性、つまり女性ホルモン作用が起こる事が分かっています。
女性なら「乳がん」、男性なら「前立腺がん」などの抗がん作用や動脈硬化予防、骨粗鬆症予防、更年期症状の緩和などに高い効果があることが研究で分かっているのです。
エクオールとしてダイゼインを摂取するという事は、これらの効果をより高めてくれることと同意だということですね。

 

【エクオール産生菌とは?】

では、この大豆イソフラボンであるダイゼインをエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」とは何なのでしょうか。
これは、現在10種類程度の腸内細菌のことで、この細菌が腸内のダイゼインからエクオールを生み出し、吸収させてくれるのです。
そしてこのエクオール産生菌は、全ての人が持っていない事も分かっています。
日本人ではおよそ半数の50%、海外では地域によって異なるそうですが、20%程しかエクオール産生菌を持っている方がいないところもあるそうです。
これらはエクオールの量から産生菌の存在が分かる検査キットが病院や通販で購入出来るそうで、それで調べる事が可能なのだそうです。

 

【エクオール産生菌を作るためには?】

大豆イソフラボンが体に良く、さらに効率的に効果を出すならばダイゼインからエクオールに変換することが重要だと紹介してきました。
また、エクオール産生菌が多く存在する人種は日本や中国・台湾など、大豆を多く食べている地域という共通点があります。
しかし、それらの国内でもエクオール産生能力が低い方が多いのも事実。では、そこでその差が出ているのでしょうか。
大きな要因として、エクオール産生菌を持たない方の特徴は

・緑茶を(ほとんど)飲まない
・タバコを吸っている
・乳製品を(ほとんど)取らない
・野菜などの食物繊維を(殆ど)取らない

という方が多い事が統計データで出ているそうです。
まだまだ謎が多いエクオールですが、緑茶と乳製品や野菜を意識的に摂取し、禁煙する事で増加出来る可能性がありそうですね。
また、大豆製品を摂取することを忘れないようにしたいですね。

 

【まとめ】

未だ研究段階で謎が多いエクオールとその産生菌。健康的な生活を送るためには必須とも言える成分ですよね。
腸内のエクオール産生菌を増やすためにも、大豆製品の摂取だけでなく緑茶を飲むことや乳製品や野菜を摂取していきたいですね。
総じて「腸内環境を整える事」を意識すれば、自ずとがんや更年期障害・骨粗鬆症などにより効果的なエクオールの恩恵を得る事が出来るでしょう。